痩せやすいのはどっち?炭酸水と水を比較

MENU

もっと痩せる体質になりたい!普段の生活をチェックして痩せ体質に!

同じ様な生活をしているのに、なぜあの人は太らないの?と思ったことはありませんか?
実は日々の何気ない選択によって太りやすい体質・太りにくい体質が決まっているかもしれません。

 

毎日の選択をチェックして、無理なく痩せる生活を手に入れましょう。

 

炭酸水vs水どっちが痩せやすい?

炭酸水の効果

炭酸水も水も、どちらもカロリーはゼロです。
でも炭酸ガスによって満腹感が得られる炭酸水は食事や間食を抑えやすくダイエットに効果的です。
また炭酸水にレモンやライムなどを加えることで、疲労回復の効果も期待できます。l


クレンジング酵素0(ゼロ)を炭酸水に混ぜて飲む
美味しいグレープ味で、お腹やお肌の調子も整えてくれるクレンジング酵素0を炭酸で割って食前に飲むことで、満腹感も得られて食べすぎを防げます。
無理二食事制限することがないからストレスなくダイエットが続けられます。

 

うな重vs牛丼

夏のスタミナ食のうな丼は660kcal、牛丼は約630kcalと僅差で牛丼が低カロリーです。
とはいえ、丼物はご飯の量が多いので、ダイエットをしているときはご飯少なめにするだけでもカロリーを大幅にカットできます。
また、食事の最初に緑黄色野菜のサラダを追加することで、カロリーの吸収を抑えることができます。

 

クレンジング酵素0(ゼロ)を食前に飲むことで酵素をプラス
食前のサラダは、胃腸に野菜の酵素を取り入れる働きがあります。
酵素をたくさんとるには生野菜のサラダをたくさん食べるのがベストですが、毎日野菜をたくさん食べるのはなかなか難しい!
そんなときに役立つのがクレンジング酵素0。
毎日の食事に、クレンジング酵素0をプラスすることで野菜酵素を補うことができます。

 

AM10時のおやつvsPM3時のおやつ

おやつは10時?3時?

おやつを食べる時間は、実は3時がベストです。
人間の身体には脂肪を蓄える働きをするタンパク質があり、これが一番少なくなるのが、午後3時頃なのです。
同じものを食べても脂肪になりにくい3時のおやつ。
どうしても食べたいスイーツは3時のおやつに食べると脂肪になりにくくてベストです。
ただし食べすぎには注意です!

 

睡眠時間6時間以上vs6時間未満

睡眠不足になると、食欲を増進させるホルモンが増えるうえに、脂肪の燃焼効率が低下して太りやすくなりがちです。
ダイエットをしているときは6時間以上寝ることが大切です。
ベッドに入る1時間半前くらいに入浴し、リラックスした状態で睡眠をとりましょう。
睡眠はお肌もきれいにしてくれて一石二鳥です。

 

ウォーキング30分vs洗濯30分

体重50kgの人が散歩気分でウォーキングを30分行った場合の消費カロリーは約80kcaldesu.
それに対して、洗濯は、干す・取り込む・たたむといった作業で約105kcal消費するのです。
意外に家事はカロリー消費が高いのですね。
ほかにも掃除や洗い物など、てきぱきとした動きで家事をすれば脂肪燃焼効果アップです。

 

運動の前にもクレンジング酵素0(ゼロ)
運動の際には、水分補給が重要です。身体を動かすと身体の循環も活発になるのでこのタイミングにクレンジング酵素0を飲むのもGOOD。
運動で甘いものが欲しくなったときにもカロリーの吸収を抑えてくれる働きがあります。